カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

プロフィール

Luckup

Author:Luckup
都内で、人間ひとり、白犬一匹で生活しています 国籍は日本人ですが、ニューヨークが故郷です。「やっぱりアメリカ人だよね」 とよく言われます。おしゃれが大好き そして動物が大好きです。日本が動物精神国になるために微力ながらボランティアしています。明るく、かつ強気(?)かつ、おしゃれなボランティアを目指してます!! 何事もWay Cool が心情

カテゴリー

チェック!

いつでも里親募集中

最近のコメント

月別アーカイブ

お気に入りのリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/04/29 Mon  13:16
アクティブに


世間では、GWに突入し

成田、羽田からの出国をまつ 意気揚々の人々

東京駅からの乗車率120%のギューギュー帰郷

相変わらずの風景がニュースで映し出されてる


特別なイベントもなく、ゆったりと過ごす毎日

ご近所の小学生たちも何処かにお出かけの模様

「静か~


1ヶ月強続いた、チェルシーの緊張感ある症状も安定してきて


普段にも増して静かな住居環境で、ようやく熟睡できるようになった

3キロも落ちましたから・・・体重

年齢不詳が自慢の顔に一気にシワが、ほうれい線が深く

不眠症、食欲不振  一気にきましたよ

エクササイズにも、集中できる精神状態になり、よく動いてます

仕事がちょっと本格的になり始め、新たな仕事もスタートし

ネイルも再開し、友達とも食事に出かけ

Facebookを楽しみ・・・・ 頭の回転・美意識も蘇ってきた

 「息ができる」


今は特別なことは何も求めない この日々が私の幸せに繋がってる


Nail April2013
ライトピンク 春ネイル


クリックしてくれたら嬉しいです





スポンサーサイト

2013/04/27 Sat  15:46
12年目の成長


ご無沙汰してます

チェルシーは最悪な状態は抜け、

ようやく少し息がつける  そんな感じの毎日

お散歩は朝  ゆっくり1時間かけて、カートで出かける

大半がカートに乗っているけど

青空、風が気持ち良い季節

「外の空気が気持ち良い」  そんな笑顔をみせてくれる

食べるとき 一切食べないとき

歩くとき 数歩しか歩けないとき

それでも、嫌いな子が通れば吠え

走る小学生に挑戦的に威嚇する姿


鹿肉ジャーキー

 「ジャーキーなら、ボーロなら 食べてもよくってよ」」 という女王様的な態度をしても


私は、どんなことでも受け入れる (時々、険悪なムードになるけど


悲しくても、外に出さない

嬉しいときは、声で、体で 大げさに表現する

チェルシーと歩いて来た闘病生活 

彼女が家に来てから1ヶ月後:生後3ヶ月に始まったその生活は

もうすぐ12年目に突入する

12年・・・

悲しくても、泣きたくても、がっかりしても 外に出さない


ようやくそれが身に付いた 

チェルシーの笑顔がある限り、私はそれが出来る

12年かけて 人間の私は、犬に教えられて 人並みに成長した ということかな


チェルシー 5月10日 12歳になります



クリックしてくれたら嬉しいです

2013/04/15 Mon  20:27
お守り


すっかり、良い気候になって ほっと一安心

前回の記事で、心配かけて電話くれた方々  本当にありがとう

チェルシーを見ていると、バカみたいに泣いてばかりいられない

心底そう思う

持病の免疫不全が更に悪化して、ちょっとした傷口から、バイキンが入り

増殖して、後ろ足が壊死寸前  

肝臓、副腎皮質、脊髄・・・・プラス 後ろ足からのアカラス(ニキビダニ)感染

あぁ! っていう感じだけど

チェルシーは、ちょっと調子が良くなると、

子犬にもどったように、ちょっと暴れたりして で、また悪化

寝息を立て、時々 へそ天する姿に 

「もっと 一緒にいたい もっと 体温を感じていた 」 と 思う

ブログを通じて友人になったOさんから

感激のギフト

お守り
四葉のクローバーのタオル 大吉のおみくじ
チェルシーと なんと私へもお守り



本当にありがとう

ちょっと余裕がなくて、ポストを全くみていなくて 今日気づいた


前を向いて 毎日生きてます  動いてます 

チェルシーの体温感じて、 一人と一匹 もうすぐ12年目に突入

ありがとう

2013/04/09 Tue  19:07
悲喜


桜も散り、4月も中旬に突入しようとしてます

本当にあっという間に、月日がながれてしまう


チェルシーは頑張ってます 踏ん張ってます


約6年 お世話になった病院とは いったん距離をおいた

生後数ヶ月から6歳まで、微量ではあれ、ステロイドを切れなかったチェルシーを、

通院して2ヶ月でステロイドを切ってくれた病院

加齢と比例して、様々な病気を発症 それらへの対応・治療方法への疑問があり

ほかの病院をさがしていたところに、今回の重篤な病気

入院、毎日の点滴治療  少しは上向きになれど、

山のような薬・・・・そして 獣医の横柄な態度に距離をおく決心がついた


ボランティアで知り合い、今は大切な友人になってくれているYさんに

病院をおしえてもらい、先週の2日 思い切って行ってみた

西洋医学、ホリスティック治療を併用している病院

初めて電話し、院長先生に検査結果・現在の治療方法を説明したら

「危険 命が危ない すぐに連れてこれる?」 と言われて、大雨の中 出発

今のチェルシーに、ホリスティック治療が効果がでるのか?

という疑問はあったけど、

”勘? これ行かなくちゃ”っていう気持ちなった

この数値で生きているのは奇跡

肝臓、脊髄 の痛みをひたすら耐えてくれている

アップダウンがあるけど、

  「食べたいよ

  「外に出てみたい

そういう意思を全身で表してくれる  それが幸せ

食べてくれる それが幸せ

風に向かいながら歩いてくれる とっても幸せ



実は、ものすごく悲しいことが起きた

有り得ない、信じられないことが起きた

とっても大切な人が遠くへ行った

生まれて初めての喪失感 絶望

声をあげて何日も泣いた

今でも 毎日 涙が頬を伝う 涙が枯れない


いま、この子まで失ったら という恐怖感が常につきまとう

もし、今 独りだったら????

どうやって生きているんだろうか?


胸をナイフでえぐられるように辛くても 過呼吸を起こしても

立っていられなくても それでもね それでもね

一方で 幸せを感じられる

抱きしめて、ありがとう がんばってくれてありがとう って言える

チェルシーの命を心から感謝できる

この小さいな白い犬は

私の守護神  神様の贈り物

毎日、チェルシーのカートを押しながら

青い空を見上げ、風を感じ

「天気がいいね 気持ちがいいね」 そう言える幸せ


支えてくれる親友たち 

チェルシーに  心から感謝 ありがとう










2013/03/29 Fri  21:01
桜吹雪の下


今年初めてのサンダル!を履いたかと思えば (っていうか3月で早すぎるよね)

数日後にはダウンジャケット&マフラーが再投入したり

こんな異常気候では、健康体でも 体に支障が起こる

前回の記事から、痛みで涙を流すチェルシーを抱きかかえ

何もできず、呆然とし 緊急で病院は運び

応急処置するも、数時間後には悪化 

覚悟の入院

大嫌いな獣医に触診されて、マグニチュード7ぐらい全身が震え

毎日毎日頑張ってます  

ようやく通院治療に戻り、毎朝カートに乗せて点滴治療の日々

まだまだ、生きるよ

まだまだ、わがまま言って困らせてやる

昨日から、ようやく食欲が復活

今年は蕾も満開の桜も、見る余裕がなかったけれど

ようやく、昨日から空を見上げられる

桜吹雪を一人と一匹で

ゆっくりと歩きながら、満喫してます

病院の帰り
病院から解放された!(今朝の写真)


油断はできない 絶対安静も変わらない でもね

久しぶりに笑顔がみれました


心配してくれている友人たち  ありがとう


クリックしてくれたら嬉しいです






        HOME         ≫ Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。