FC2ブログ

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

プロフィール

Luckup

Author:Luckup
都内で、人間ひとり、白犬一匹で生活しています 国籍は日本人ですが、ニューヨークが故郷です。「やっぱりアメリカ人だよね」 とよく言われます。おしゃれが大好き そして動物が大好きです。日本が動物精神国になるために微力ながらボランティアしています。明るく、かつ強気(?)かつ、おしゃれなボランティアを目指してます!! 何事もWay Cool が心情

カテゴリー

チェック!

いつでも里親募集中

最近のコメント

月別アーカイブ

お気に入りのリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/04/27 Sat  15:46
12年目の成長


ご無沙汰してます

チェルシーは最悪な状態は抜け、

ようやく少し息がつける  そんな感じの毎日

お散歩は朝  ゆっくり1時間かけて、カートで出かける

大半がカートに乗っているけど

青空、風が気持ち良い季節

「外の空気が気持ち良い」  そんな笑顔をみせてくれる

食べるとき 一切食べないとき

歩くとき 数歩しか歩けないとき

それでも、嫌いな子が通れば吠え

走る小学生に挑戦的に威嚇する姿


鹿肉ジャーキー

 「ジャーキーなら、ボーロなら 食べてもよくってよ」」 という女王様的な態度をしても


私は、どんなことでも受け入れる (時々、険悪なムードになるけど


悲しくても、外に出さない

嬉しいときは、声で、体で 大げさに表現する

チェルシーと歩いて来た闘病生活 

彼女が家に来てから1ヶ月後:生後3ヶ月に始まったその生活は

もうすぐ12年目に突入する

12年・・・

悲しくても、泣きたくても、がっかりしても 外に出さない


ようやくそれが身に付いた 

チェルシーの笑顔がある限り、私はそれが出来る

12年かけて 人間の私は、犬に教えられて 人並みに成長した ということかな


チェルシー 5月10日 12歳になります



クリックしてくれたら嬉しいです
スポンサーサイト

2013/04/15 Mon  20:27
お守り


すっかり、良い気候になって ほっと一安心

前回の記事で、心配かけて電話くれた方々  本当にありがとう

チェルシーを見ていると、バカみたいに泣いてばかりいられない

心底そう思う

持病の免疫不全が更に悪化して、ちょっとした傷口から、バイキンが入り

増殖して、後ろ足が壊死寸前  

肝臓、副腎皮質、脊髄・・・・プラス 後ろ足からのアカラス(ニキビダニ)感染

あぁ! っていう感じだけど

チェルシーは、ちょっと調子が良くなると、

子犬にもどったように、ちょっと暴れたりして で、また悪化

寝息を立て、時々 へそ天する姿に 

「もっと 一緒にいたい もっと 体温を感じていた 」 と 思う

ブログを通じて友人になったOさんから

感激のギフト

お守り
四葉のクローバーのタオル 大吉のおみくじ
チェルシーと なんと私へもお守り



本当にありがとう

ちょっと余裕がなくて、ポストを全くみていなくて 今日気づいた


前を向いて 毎日生きてます  動いてます 

チェルシーの体温感じて、 一人と一匹 もうすぐ12年目に突入

ありがとう

2013/03/29 Fri  21:01
桜吹雪の下


今年初めてのサンダル!を履いたかと思えば (っていうか3月で早すぎるよね)

数日後にはダウンジャケット&マフラーが再投入したり

こんな異常気候では、健康体でも 体に支障が起こる

前回の記事から、痛みで涙を流すチェルシーを抱きかかえ

何もできず、呆然とし 緊急で病院は運び

応急処置するも、数時間後には悪化 

覚悟の入院

大嫌いな獣医に触診されて、マグニチュード7ぐらい全身が震え

毎日毎日頑張ってます  

ようやく通院治療に戻り、毎朝カートに乗せて点滴治療の日々

まだまだ、生きるよ

まだまだ、わがまま言って困らせてやる

昨日から、ようやく食欲が復活

今年は蕾も満開の桜も、見る余裕がなかったけれど

ようやく、昨日から空を見上げられる

桜吹雪を一人と一匹で

ゆっくりと歩きながら、満喫してます

病院の帰り
病院から解放された!(今朝の写真)


油断はできない 絶対安静も変わらない でもね

久しぶりに笑顔がみれました


心配してくれている友人たち  ありがとう


クリックしてくれたら嬉しいです





2013/03/24 Sun  20:37
君の笑顔


まだ3月中旬だというのに

この週末は都内のあちこちで桜が満開


韓国出張行ってました。 

2009年断腸の思いでビジネスマンを退いいて以来 早4年  

ようやく 「仕事」と認識できるプロジェクトに参加できるように。

待ちに待った復帰  が


ピンクに染まった桜の下こんな思いで歩くとは想像しなかった


劇症肝炎(急性肝炎のなかでもとくに重症のもの)(詳細はこちら)

高度の肝機能不全(かんきのうふぜん)と急性膵炎併発

黄疸、貧血、軽い意識障害


21日 獣医にかけこみ、すぐに血液検査

あと数時間遅かったら、リカバリーが難しかったと言われた

白血球、肝臓の数値が読みきれない ようはカウントできないほどの数値ということ

名医が見たことがない異常数値というほどに。

”普通なら意識を失うか、発作を起こすレベル”

loveyou.jpg


つきっきりで看病するのを条件に連れて帰る

毎日、点滴に通院

が、昨日の午後から急変 

一度も見たことがい症状

夜、再度病院へ駆け込む  レントゲン検査

変形性脊椎症と診断

いったん連れて帰ってくるも、一睡も出来ることなく 今朝、緊急入院


親友の一人が病院へ付き合ってくれた  ありがとう!

どれだけ心強かったか 感謝


人間ひとり、犬いっぴき 11年と数ヶ月 暮らしてきた

幾度となく経験した、一人だけの空間

今回だけは、恐怖で押しつぶされそう

父の写真をみて言う 「守ってあげて まだ連れて行かないでよ」

Cherry blossom
去年のお花見の写真

 
チェルシー 病院嫌だね 先生大嫌いだね ごめんね 本当にごめんね

また笑顔をみせて あなたは私の一部なの









2013/03/09 Sat  23:36
ひなたぼっこ


「あれ 突然”春”ですか?」

というぐらい暖かい 

が、日に日に、空気の汚染が進んでいる気がする

気を取り直して

久しぶりにチェルシーを

今年初 ベッドルームの出窓からのセコム犬

ひなたぼっこ1


2ヶ月ほど前から、体調が良くない 

5月で12歳 衰えや日によっての体調の

あるのは当然だけどね。

実は、数日前 急に弱ってしまい 心底不安だった

が、少し上向きになり始めた

毎年春から夏に恒例の、セコム犬 の姿が見れて とっても嬉しい

 
ひなたぼっこ3
これは、リビングからの日向ぼっこ姿


ひなたぼっこ2
日向ぼっこというより、「アツイよ~」って感じ


日によって、体調が変わる

散歩もカートが必需品

小さい頃から、”食欲”は、よほど体調が悪くない限り、落なかったのに

最近は、朝 固形物を受け付けなくなったりする

11年続く、手作り食 

栄養たっぷりのスープを試行錯誤しながら作っている

軽々出来たことが、出来ない

希にできたら、褒める褒める たくさん褒める

「エへへ」と 得意げな顔をする

一瞬一瞬が大切に思うようになった

一秒でも長く一緒にいたい

私ができる最大限のことをする  


 チェルシーと一緒にいれる毎日 

幸せ


クリックしてくれたら嬉しいです

        HOME         ≫ Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。