FC2ブログ

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

プロフィール

Luckup

Author:Luckup
都内で、人間ひとり、白犬一匹で生活しています 国籍は日本人ですが、ニューヨークが故郷です。「やっぱりアメリカ人だよね」 とよく言われます。おしゃれが大好き そして動物が大好きです。日本が動物精神国になるために微力ながらボランティアしています。明るく、かつ強気(?)かつ、おしゃれなボランティアを目指してます!! 何事もWay Cool が心情

カテゴリー

チェック!

いつでも里親募集中

最近のコメント

月別アーカイブ

お気に入りのリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/03/29 Sun  21:46
New York New York


マンハッタンの街角を・・・

roomtown.jpg
Upper East side: アパートから出てすぐ 
3rd Aveから Lexington Ave.にあがる坂道 Triborough bridgeがみえます

town5.jpg
5th Ave 51丁目付近: 一年中、観光客が押し寄せる 
左側は全米主要都市にある老舗デパート Sax Fifth Ave,
右側は Rockefeller Center

town.jpg
East Village: マンハッタンらしい赤煉瓦の古いアパート

town7.jpg
Soho: ”青春”したエリアであり、未だに一番落ち着く場所
石畳、古い街並み、アパート、ブティック、小さいスーパー、カフェが立ち並ぶ

soho2.jpg
Soho: ここ10年で、日本でも知らるブランドのブティックが軒を連ね、
無名のアーチストが即席のストリートマーケットを出店!週末はローカル、観光客で大変な賑わい 

madisondog.jpg
madison.jpg
Masison Ave.: おしゃれの感度をブラッシュアップできる大好きな通り
BARNEYS NEW YORK、Hermes, PRADA, Dolce & Gabbana, Ralph Lauren, Michael Kors, Donna Karran といった、モード系ブランドブティックが目白押しです。
センスの良い、小さい規模のブティック、雑貨、インテリア、アートのお店も沢山。
でも、リセッションの影響で、随分お店がクローズしてました。
70st.以上上になると、観光客もほとんどこないので、地元のお金持ちマダム、親子連れ、犬連れが行き交います。

centralpark.jpg
centralpark3.jpg
centralpark2.jpg
Cetral Park: 本格的な春になれば、鮮やかな緑の絨毯に覆われ、サンドイッチとコーヒーを持って読書をするのが好きです。

「まだ、たっぷり時間がある」なんて思いながら、気がついたら最終日を迎えていました。

相変わらず、Cynical、Snoop,、Noisy, Crazy, Energetic、Artistic、Fashionable、Warm
 「笑顔が似合う街、笑顔にしてくる街」 

また、帰ってくるね。

New York, New York   I'll miss you! xoxoxo

クリックしてくれたら嬉しいです
スポンサーサイト

2009/03/28 Sat  23:23
生活の拠点


New Yorkのアッパーイーストサイドにある生活拠点を紹介します。

徒歩圏内に、マンハッタンでは有名なベーカリー、全米に数百店舗あるドラッグストア、オーガニックスーパー、カフェ、などなど、とっても便利。

有名なスポットがないので、全世界から訪れる観光客はここにはいません。

とっても静かです。

アパートは5階建て、ワンフロア4ルーム、地下にランドリールームも完備

部屋の内部です

room1.jpg

お天気がよいと、お日様がサンサンのクィーンサイズのベッドルーム

room3.jpg

ダイニング ここで食事をし、テレビを見て、PCに向かいます

room2.jpg

食器、調理器具、コーヒーメーカー、冷蔵庫、マイクロウェーブ、オーブンなど 自炊に必要なものは完備されてます

キッチンの奥は、バスとトイレです

このアパートは、マンハッタンで一人暮らし用(ワンベッドルーム)の標準サイズです
勿論、セントラルヒーティング 部屋中どこでも暖かいです (というより暑い)

日本でいわれる1LDKの部屋に比べると、1.5倍から2倍は大きい?と思います。
便利なのはゴミで、袋で分別さえすれば、ダスターシュートから24時間だせます。

観光客は、観光に便利なミッドタウンのホテルに宿泊するのが通常だけど、

窓も開けれず、ホテルを一歩でれば、空気は悪いし、音もうるさい

これがマンハッタンと思えば、何も気にしないだろうけれど、2回目、3回目の滞在する人は、

ダウンタウンやアップタウンのホテルに滞在すると、別な風景や空気を味わえます。

今回のアパートは初めての場所だったので、吉と出るか凶と出るか!ドキドキしたけど

居心地も良くて正解でした。

朝起きて、お気に入りのベーカリーで、”強大な”マフィンとコーヒーをほおばりながら、新聞を読む

「なんだ、東京の生活と同じじゃない?」 ・・・・・ それが、全然違うのですよ~

2009/03/26 Thu  11:28
WBC優勝おめでとう


遅まきながら、WBC優勝! 2大会連続なんて、すごい! 

おめでとう おめでとう おめでとう

WBCの予選は、日本を出発前からやっていて、時々テレビで観戦していたけど、

日本中にただならぬ緊張感と漂っていて、普段、野球に興味がないのに、思わず手に汗に握っていたのでした。

「たかが野球」なんて言う人がいるけれど、WBCの期間、日本国中が明るくなっていませんでした?

「わくわくドキドキ、がっくり、がんばれ! やったーーーー 」 って、それこそ一球一球に全神経集中したというんですか?日本中がね。

日本にいないので、リアルタイムでみれず、試合の結果は、地下鉄で隣り合わせた、見知らぬ日本人が話していたのを盗み聞きして、
心の中で 「やった!」  とガッツポーズをしてました(笑)

アパートに帰ってからYou Tubeみたりして。 完全に”にわか野球ファン”です。

日本はさぞかし、すごい騒ぎなのでしょうね。

なんか、ファイルゲームをリアルタイムで観戦できなかったことは、ものすごく損をした気分。
生涯おいて、このゲームを見逃したことは・・・ 不覚でありました。

ところで・・・・
アメリカでは、この期間、国民的大注目のゲームである、大学のバスケットボールの優勝リーグがあるので、日米の試合もたいした話題にならなかった気がします。

アメリカのメディアによると、WBCはメジャーリーグのスタート直前であることに無理があるとして、
WBCいかがなものか? WBCより本国の試合でしょう? とWBCそのものに疑問視されています。

メジャーリーグの選手は、高額な年俸契約しているので、怪我して本番のゲームを棒に振る可能性もあるので、各チームからの圧力もあるのかも???

あら?こんなに野球ネタをかいてしまいました。

「いいな、私もみたかなったな。 New Yorkでゲームをすればよかったのに。”寒い”から運動すれば
良い感じにポカポカだったのに」  

でも、いいんだ。私は、私は、今日こんなものをゲットしてきたもん

hermes.jpg

”Hermesのサンプルセール”に行ってきたんだもん。

なんの感動もないけど・・・ 
WBC優勝には、今のところ何も勝てない・・・ 完全敗北です はい。

クリックしてくれたら嬉しいです

2009/03/25 Wed  10:00
2001年に。


昨晩は、疲れと睡眠不足で、早々にベッドへ。
天気予報で、3月でこんなに寒くなるのは、地球温暖化の影響か?などと言っていました。 

そうですよ。私が感じたこの冬一番の寒さ 最低気温マイナス5℃、最高気温2℃、強風の一日でありました。

昨日は、チェルシーエリア (うちの白い犬の名前と同じですが、関係ありません) でお買い物とランチをすませて、

Greenwich Villageにある
「Tiles for America New York City Memorial」 へ

tile3.jpg


駐車場のフェンスにディスプレイされた沢山の手書きタイルは、9.11の後に
フェンス横にあった陶器屋さんが、追悼の意味を込めて飾ったのが最初だそうです。

その事がメディアで紹介され、平和&愛といった様々なメッセージを絵や言葉で表現されたタイルが、世界各国から寄せられ、500枚以上はあるのでは?
変色し古びた物もあったけれど、最近ディスプレイされたものもありました。

tile4.jpg


2001年9月11日 あのすさまじい惨劇から丸8年の時が経過し、何十台もの
巨大なブルトーザーが騒音を立て、ワールドトレードセンター跡地に新しいビルを建設中、
その周囲の壁をバックに、世界中から訪れる観光客が笑顔で記念撮影をしています。

アメリカのメディア、国民も、毎年の追悼式典以外は、9.11の事を語ることはないかもしれない。
今回、この場所を訪れて、どんなに時が経過しても、あのタイルに込められた願い、祈りは色あせることなく、アメリカ人の心中に刻まれているのでは?と感じました。
特にNew Yorkerにとっては・・・

tile2.jpg

September 11, 2001 22時過ぎに帰宅した私の目に飛び込んだテレビ映像は、一機がビルに突入し、真っ黒い煙をあげる光景だった。
「何これ?映画?」 と、父に尋ねている間に、二機目が突入。
その後の、憎悪、恐怖を背負ったアメリカの迷走はあえて記しません。

私にとっての、2001年・・・

もっとも敬愛する人をを失った アルツハイマーという病によって。 (詳しくはこちらを)
その悲しみの深さ、衝撃は、ワールドトレードセンターのそれより遙かに大きい。

そして、帰る場所を失った私が出会ったのが、この年の5月10日に生まれたチェルシーである。 
心も精神も召された叔母が、神様にお願いして、チェルシーを私に託してくれたのだと信じている。 

Tiles for America New York City Memorialを訪れて、様々な事を思い出し感謝した。
この場所を訪れた人が、自らの小さな幸せに感謝できる場所であり続けることを願う。

tile1.jpg

クリックしてくれたら嬉しいです

2009/03/23 Mon  23:28
Missing you a lot


NYに色々情報は、ちょっとお休み

ここでの生活もあと少しになり、昨晩、チェルシーに会いたくて、心配で眠れなかった。

面倒を見てくれている、母曰く、

「出発した夜は明け方まで、玄関のドアの前で泣いていたけど、今は元気一杯」 と言う。

元気なんじゃなくて、我慢しているだけ。 母に気を遣っているだけだよね

実家に行くと、父と母に交互に甘えに行き、帰ってくると爆睡しているもんね。

 「いつ帰ってくるの? なんで一人にするの? もう嫌だよ」 という声が聞こえた。

心がしめつけられるほど、会いたくて会いたくて・・・

chelup.jpg

Chelsea, missing you a lot.

2009/03/23 Mon  13:06
若いパワーに触れて


曇りのち晴れという天気だったけど、日中は10度ぐらいになり、
寒さで体を縮こませて歩かずにすんだ今日一日。

マンハッタンにいると、普段の生活では、考えられないぐらい歩く、歩く そして又歩く。
特にバケーションでの滞在、限られた時間で、あちこち行くので、
走行距離は1日平均6時間は足を使っているので、もう”パンパン”
さすがに疲れてます。

このブログに何度か書いてますが、10キロマラソンに向けて走り、ウエイトトレーニングも、真面目に取り組んでいるので、運動で汗をかく 体になっている

が、こちらでは、沢山歩いているけど、汗をかくのは暖房が暑すぎる時のみ。

足がむくんで痛くて、  「あーー老廃物を出したい、走りたい!」 と痛感しています。

まあ、こんな事を感じる日が訪れなんて、ちょっと想像しなかったけれど。

エクササイズ再開まで、あともう少し!昨日、アップルストアで、こんな素敵な物も購入したし。
nanocover.jpg
ipodnanoのケース (腕に巻く、パンツにつける、首にさげる 3役をこなせる優れもの)

さて、昨日紹介)?)した、朝食のお供、オレンジジュースに加えて、これも必ず食しています。
yogurut.jpg

オーガニックのプレーンヨーグルト!(また、サイズが大きいですね)

アメリカで販売されている常備食料品は、ほとんど、“Regular, Lowfat, Nonfat”に分かれているけど、私は普通のですよ ヨーグルトは生クリーム?と思うほど濃厚で、
ここに、酸味のあるフルーツをいれるとウマウマです。

前置きはこの辺にして。

さて、今日は再び Norita, Soho、その後 Greenwich Villageへ。

若いデザイナーの作品を集めて開催している、"The Market NYC"
themarket.jpg

服、カバン、靴、ジュエリーなどオリジナルの限定品ばかり。

昨日のような、アンティーク、中古品だけでなく、若いパワーと夢がつまった作品を
手にとれるって、すごく良いことだと思う。

実際、フリーマーケットで注目され、自分のショップを構えるデザイナーも輩出しているようで、
まさに、Dream come true

あくせ
私が一目ぼれして購入したもの
ターコイズ、タンザニアアマゾナイト、スモーキークオーツのアクセサリー

デザイナーのJenniferとメールアドレスを交換したので、楽しみです!

さて、熱いパワーをもらって、昨日の立ち寄れなかったショップを数店まわり、
毎回滞在時間が長時間に及ぶ大好きな Crate & Barrel (お店のwebはこちらから)
インテリア雑貨と家具屋さんです。商品もディスプレイも洗練されていて、ニュアンスがあります。内部を紹介します

dining2.jpg

diing3.jpg

dining.jpg<

日本ではIKEAが大人気だけど、(私は行ったことがない)こんな感じなの?

触手が動くものばかり。でも我慢
持ち帰るのは困難だし、第一、「自宅のイメルダルームには、まだ日の目をみていない食器や雑貨が沢山あるじゃない!」
と、Cashierに並ぶ事なく、お店を後にしたのです。(涙)

さて、Grennwich Villageに移動して、ランチを。
sandwhches.jpg

グリルチキン、フレッシュモッツァレラ、ペスト(バジルソース)、ロースしたトマトのサンドイッチです。
このお店の名前 「The Grey Dog Coffee」 お店のwebはこちら
私見ですけど、New York No.1のサンドイッチとコーヒーが味わえます。

ランチ時は、曜日関係なく大混雑。お店が小さくギューギューで、お客さんの話し声、音楽も大音量。でも、 「大変おいしゅうございます。」

お腹も一杯になって、ビレッジの散策を・・・あっビレッジならではの、光景を紹介します

tattoo.jpg
えっと、TATTOO屋さんです。すごいですね。
お客さんでなく、女性の入れ墨師(ちなみに、Tattoo artistと呼ぶ)の腕が・・・
お客さんは、携帯で誰かと話している模様
久しぶりにこういう光景をみたので、妙に見入ってしまった。

この後も、ちょっと色々見て回り、これ以上は限界ですよ という感じになったので
アパートに帰りました。

それとですね。えっと えっと まあ下記の画像をご覧ください
dress1.jpg
dress2.jpg
今回の滞在の前半は、 「あれ?私の持病は完治したのかしら?」と思っていたのに、
今日、ついに持病の発作が起こりました。
明日はついに、デンジャラスゾーンへ突入! もうマゾとしてか思えない。今度こそ完治を!

(注) 持病とは?? 買い物依存症です(汗)

クリックしてくれたら嬉しいです

2009/03/22 Sun  12:36
青空のニューヨーク


朝から、雲一つない青空が広がったNew York 
お日様サンサンですよ。でも2度です。太陽がなかったら、間違いなく零下ですよ
手袋がないのが悔やまれる・・・ もうどこにも売ってません!

突然ですが、アメリカ家庭における、冷蔵の常備品のひとつ ジャーン
Juice.jpg

蓋がオレンジの形をしているトロピカーナなオレンジジュース  もはや日本のコンビニで手に入るので、珍しくもないですね。 はい。
でも、味が違うんですよー あと、こんなサイズは日本の家庭に不要ですよね
これを、大きなグラスにごくごく飲んで、目を覚ますのです

さて、今日は、マンハッタンからちょっとだけ出て、ブルックリンで
数年前から開催されている、フリーマッケトに行ってきました。wintermarket.jpg

本来、冬以外はBrooklyn Flea Market(詳細はこちら) として、屋外での大きなマーケットを開催しているのですが、冬場はWinter Antiques Pop-Up Marketと銘打って屋外、アンティークのアクセ、洋服、家具、本、小物、フィギュアが中心。
Vendorもお客さんも沢山いました。正直言って、アンティークの物はあまり興味がないのだけど、時間をかけてみると、なかなかおもしろかったです。
IMG_0087.jpg

状態が良い、フォークロアのチェニックを購入。これウールで手刺繍です
薄手のネイビーや白のタートルをインに着てもいいかな~と思って。

内部を紹介します
flea家具 fleamarket.jpg  table.jpg
このテーブルほしかった 叔父さんが、ディスカウントしてくれたけど、持って帰れない(涙)

会場を出て、見上がれば、青空へBrooklyn Bridgeが付け抜けていくような景色が。
brroklynbriidgpark.jpg
数分あるけば、Brooklyn Bridge Park

Brookllynbrige.jpg
125年の歴史をもつ、Brooklyn Bridge、イーストリバー、マンハッタンのビル群

夜景スポットとして有名で、季節がよくなれば、沢山の人が押し寄せる場所です
今日のような寒い日は、人も少なく、とっても静か。波の音が心地よくて、しばしベンチに座って、ボーとしていました。

こんな時間・・・ 久しぶりだな~ たった一人の自由時間 
携帯の音が鳴らなくても、丸一日パソコンにさわらなくても なんとも思わないんだね。
一人で居ても、寂しくないんだね。


地下鉄で、マンハッタンのダウンタウン (SOHO, NOHO, NORITA)へ移動 
週末だと言うことを忘れていました。ランチのお気に入りレストラン数軒を回っても、長蛇の列。諦めて、飛び込みでお店に入りました

lunch.jpg
Orechiette:オレキエッテに生のバジルペースト、ガーリック、アンチョビ、ポテトを和えたもの 

美味しい!パスタのゆで加減も、ソースも美味しい!

今日は、時間に余裕を持って、ランチの後は、新聞や本を読む時間に。

ここで大事なことを。
今日出会って、お友達になったシンディとブーリーを紹介します
appledog1.jpg


で、ここで、問題です。 この場所はどこでしょうか?

ヒントです  わかる方はわかる(ちなみに、私はこの写真じゃわかりません)
 appledog.jpg

applestore.jpg
これでもわかりませんね。すみません。ちゃんとした写真がなくて。
ここは、ここは、アップルストアです

びっくりしませんか?
普通の家庭犬ですよ。週末、人でごったがえすショップにいるんですよ。
勿論、しつけが出来ている子達だから入店できる。店側も、お客さんも何にもいいません。
というより、通りすがりに、笑いかけたり撫でたりするぐらい。
この子達だけでなく、他にも何頭か入店してました。

日本だったら、絶対に考えられませんね。すっとんできますね。「お客様、犬はこまります 規則ですから!」と。

日米の、ペット事情の違いも、更に深くリサーチしているので、今日の件も含めて、まとめて書くことにします。

明日も引き続き、ダウンタウンの予定です

それにしても、以前のように、やみくもに買い物をしなくなった。
偉い! と自分をほめてみよう!
が、まだ、危険なゾーンに足を踏み入れてないからか!!!!

クリックしてくれたら嬉しいです

2009/03/21 Sat  12:39
雪とニューヨーク


初夏を思わせる、暖かい陽気の日本から、12時間かけてNew Yorkへきています。
「New Yorkはまだまだ寒い 朝晩は零下なのよね」 と思っていても、東京があれだけ暖かいと・・・
SnowNY.jpg

朝起きて、ざくざく雪が降っているのをみるのは、
 「エ!」 と驚くのです
油断したすきに・・・という感じ

天気予報は午後から晴れ、でも最高気温5℃。そういわれてもね。
外に出る 「さ 寒い・・・」 この感じは久しぶりのような気がする

さて、今日はダウンタウンにちょっと用事があったので、行ってきました
すぐ近くは、ワールドトレードセンターの跡地、工事がものすごい勢いで進んでいました。 観光客は、記念撮影・・・ あちこちで、笑顔で撮影・・・・ 
彼らにとっては、自由の女神を見るのと同じ感覚なのね。かなり複雑な気分。

気を取り直して、ミッドタウンへ。
ターコイズNY
レキシントン、60丁目付近(観光客はほとんどいない)のインなジュエリーショップ ターコイズのネックレスに見とれます。

じみーちゅ

日本でも、おしゃれさんが好きな、シューズメーカー Jimmy Choo ジミーチューのブティックのショーウインド
今年一押しだそうです。インパクトすごすぎ

obama sax

有名老舗デパート:Saks Fifth Avenueのショーウインド

このデパートの靴売り場の品揃えはマンハッタンではNo.1と思われます。
インなブランドの最新物を一度にみれるので、それを身につけるかは別として、
ファッション好きとしては、出向く価値があります。

しかしながら、平均$600の靴です。売り場は閑散、スタッフが2m間隔で立っていて、見づらい・・・ 
お客:ロシア・中国の観光客が、がんがん買っておりました。 
*今やこの2国は欧米ブランドの大顧客ですね

Saksの目の前は、Rockefeller Centerロックフェラーセンター 青空がみえたので、
久しぶりに,のぞいてみました。

rockfell.jpg
3月末までスケートリンクはあります。

Stpatric.jpg
St.Patrick's Cathedralセントパトリック寺院

観光客であふれる5番街には、高級店ばかりでなく、日本でも人気のH&M, ZARA、ぱっとしないバナナリバブリックも並びます。

全店1階をのぞいた結果、圧倒的に、注目度も、人の多さも、レジに並ぶ人の列も、H&Mに軍配。 
すごいです。びっくりしましたよ。
日本の店舗には入った経験はないけど、まだ、並んでいるのかしら?
以前からH&Mの素材はチープで、好きになれないんだけど、流行のデザインだけど安価である というのがいいのかな?
特に、アクセサリー関係(靴、バックを含む)はティーンエイジャーしか持てないような物ばかりだけど。

この辺については、GAPも含めて、ちょっと色々みてみたいと思います。
あっユニクロもね。(ユニクロが、ジルサンダーとコンサル契約を締結したニュースに
かなり驚きました。ユニクロの服で、交通手段を使い外出する人にとっては、今のままでいいと思うのですよ 
ジルサンダーを起用=おしゃれさんをターゲットにした という事なんだろうけど。
でも、どんなものを打ち出してくるのか、ちょっと、みてみたい気もします。

今日は、この後も目的の場所を数軒訪れて、
人生でこんなに歩いたことはない!と思うほど、クタクタ 
暖かいタブに入り、足をマッサージ。

昔だったら、金曜日の夜ともなれば、おしゃれしてどこかに繰り出していたな 
「一体いつから金曜日の夜を静かに過ごすようになったのか?」

そんな事を思いながらNew Yorkの夜が更けていきます。
明日は、マンハッタンを出て、ブルックリンへ

クリックしてくれたら嬉しいです

2009/03/17 Tue  14:36
世界中で一番敬愛する人


私の敬愛する3名の女性、Yoko Ono Lennon:オノ・ヨーコさん, ジャッキー に続き最後の一人を紹介します。

Sonoe Gillen: ギレン園枝  
mom2.jpg

淡いピンクやベージュのスーツやドレス、鮮やかな色のスカーフと大振りなイヤリング、
ハイヒールを身にまとい、ブリーフケースをもち、マンハッタンを颯爽と歩く女性。
「私の知っている女性の中で、こんな素敵な人はいない!」と胸が躍った
1月に90歳のお誕生日を迎え、今もNew Yorkに住む、私の叔母です。

戦後、輸入の仕事で成功を収めた祖父(彼女の父)の事業が失敗し多額の借金を抱える。長女である彼女は、一家を支えるべく、絵画の道を諦め、外務省へ入省。
幼い頃から海外に憧れ、独学で、英語を習得。それを生かし、GHQ(アメリカ進駐軍)への通訳、翻訳職に就く。
そこで、知り合った軍人と結婚。彼の生まれ故郷のNew Yorkへ渡る。

さらに猛勉強を重ね、日本女性としては初、New YorkのJapanese Mission (日本領事館)に勤務、65歳でリタイアするまでの、約30年間、日本の歴代首相、駐在大使にはじまり、日米の政財界で「Mrs. Gillen」を知らない人はいない と言われたぐらい、有名で優秀な人だった。

聡明でかしこく、男勝り、好奇心旺盛、プライドが高く、確固たる信念を持ち、何事にも真剣な人。
日本人離れした顔立ち、優雅な立ち居振る舞い、会話のセンス、ファッションへのこだわり、
まさに「華がある人」だった。
mom1.jpg


叔母に初めて会ったのは、5歳の時
ペビーピンクのロングコート、ベージュの帽子とパンプス、黒のバックという出で立ちで
ニューヨークから羽田空港に降り立ったパンナムエアーのタラップから降りてくる叔母の姿は
何十年たった今でも鮮明に覚えている。 おみやげにもらったのは、スヌーピーと絵本。

叔母は初めの夫との死別後、親密な交際をしていた内科医と結婚目前で子供を授かったけれど死産、まもなく彼が癌を煩い死別
70歳をすぎてからのボーイフレンドも死別。

誰の葬儀でも涙の代わりに笑顔だった。
「人前で泣くなんて私のスタイルじゃない でもね、夜一人で泣いていたのよ」と後になって言っていた。

平日は、メイドさん任せにしている料理も、週末は叔母が腕をふるう。
料理をしながら、歌をうたい、のってくると踊りまで飛び出す 私にはとっても楽しい料理教室の時間。
そのあと何十年経っても、この時私が好物だった料理で、出迎えてくれていた

マリナラソース、ミートボール、ローストビーフ、ターキー、エッグベネディクト
ポテトパンケーキ、ブルーベリーのタルト etc.

いつか時間ができたら、大好きな絵画を本格的に学びたいと リタイアしてからスクールに通い、自宅の一階の半分を「描くための部屋」に改造して、いつも紅茶を飲みながら静かに描いていた。

私が17歳の時に、「自分の香りをもちなさい」 と”Channel No.19”をプレゼントしてくれた。

ティーンエイジャーになって、濃いお化粧や煙草、黒ばかりのファッションに怒りもしなかったのに
スラングを使いはじめたら烈火のごとく怒った。

”アメリカ人と結婚してNewYorkに住む” と子供の頃から決めていたのに、違う選択をした私に、
「あなたのチョイスならそれでいい」 と 寂しいそうに言っていた。

離婚して、ビジネスマンになっていく私に、一度は喜んでいたけれど、私の軟弱さに、呆れていた。
落ち込んで、途方に暮れる度に、
「スマイル! あなたは私と同じ値が流れている、だから大丈夫、自分の信念を持ちなさい 妥協した後の後悔ほど馬鹿らしいものはない 転んでもすぐに起き上がりなさい」 と 決して、「がんばりなさい」 とは言わなかった。

何十回、こんな会話を繰り返したろうか?
何百回、叔母にパワーをもらって前に進めただろうか?

10年前から、会話、記憶があやふやになっていく。
忘れもしない2001年 叔母はアルツハイマーと診断され、通常の生活が送れずホームで暮らすことを余儀なくされた。

ホームでの再会、「あなた、どちら様?」とはなたれた一言に、沢山の人前で、私は突っ伏して号泣した
「何故そんなに泣くの?笑顔がかわいいじゃない。またいらっしゃいね」 と泣きじゃくる私を抱きしめてくれた。

本当に全ての記憶は失ってしまったのだろうか?
「叔母さんは亡くなったと思ってください。期待は辛いだけ。姿があるだけで、精神も心も召されています」とドクターは言った。

何度も何度も言い聞かせているけれど、私は心のどこかで期待をしている
なぜ、New Yorkに居をおかなかったのか?私の最大の後悔 悔やんでも悔やみきれない。

世界中で唯一、甘えられる人だった。寄りかかれる人だった。抱きしめてもらえば、痛めた心はすぐに元気になった。

その支えを、腕を、帰る場所をなくし、迷走、暴走し続けた8年

今の私をみて、叔母はどんな言葉をかけてくれるのだろうか?

Channel No.19は、今も私の香り、
スヌーピーは代替わりをしながら、必ず傍にいる
コーヒー党だったけど、最近は家で紅茶を飲むようになった

昔、「私の姪、私の後継者なのよ」 と周りに紹介されるのが、うれしくて仕方がなかった。
ようやく自信がもてるようになった“私のスタイル”は、叔母のそれと、とてもよく似ている。
彼女と同じ血が流れ、志を受け継げることは、私の誇りである。

立ち止まるのは60歳すぎてから、強く、優しく、優雅に あなたが生きたように、私も生きたい

どんな時を経ても、彼女は、世界で一番敬愛する女性、そして、たった一人の私のマミー

数日後に叔母に会えます。私の故郷NYで、Big Smile と一緒に。、 
mom3.jpg

クリックしてくれたら嬉しいです

2009/03/16 Mon  21:38
お買い物


5年間ぐらい使用していたデジカメを、今日、新調しました。
Cannonの一番あたらしいモデル: IXY DIGITAL 510 IS
デジカメ画
すぐに買わなくても・・・と思っていたのだけど、昨日から調子が悪くなったのです。
あれやこれやと悩んだけど、前のもIXYだったし、使い勝手もわかっているし
何より一番コンパクトだった というのが理由。

テスト撮影で、昨日トリミングに行ったばかりのピカピカ:チェルシーを激写
IMG_0005.jpg


操作も簡単になり、シャッターが軽くなって、とっても良い感じ。

最近女性の間では、一眼レフも人気あるようだけど、私はこんな感じので十分。
うれしいな うれしいな 新しい物はなんでも嬉しいな!ルン!

これはヤマダ電機で購入したのだけど、対応したお兄さんが、とっても良い人だったのですよ。
家電ショップでなくても、買い物するときに、接客を重要視している私は、どんなに欲しくても、接客が悪ければ購入しません。 はい! 絶対にね。

で、このお兄さんは、ぽっちゃりしていて、人が良さそうな感じ。
話してみると、本当に親切だったのです。

私 「デジカメのケースもほしいけど、ケースはまとめて展示していないので、みて回るのは
大変ね。」
お兄さん 「お好みのタイプをおしえてください。みつくろってもってきます」

・・・ なんて親切なの。

お兄さんいちおしのケースを見て、
私 「こういうの嫌い」 
お兄さん 「すみません」

といって、汗だくで、売り場を走り回るお兄さんの後ろ姿をみて 
 「偉いわ この人は、ヤマダ電機の宝よ!」 と感動。

無事にケースもみつかり、彼は安堵の表情。
レジの前で、
「すぐ使えるようにセットアップしてほしいな」というと、「はい」といって
真剣なまなざしで、不器用そうな手つきで、何度も汗をぬぐいながら作業していたのでした。

「花粉症で滑舌が悪くてすみません。またご来店ください」と丁寧にお辞儀をする彼
まん丸笑顔の下では「わがままなお客め」と心で思っていたかもしれない
でも、いいのよ 何を思われても。

”だって、私は楽しかったから”

それにしても、私の行動範囲は、自由が丘と家電量販店ばかり・・・寂しい

クリックしてくれたら嬉しいです

2009/03/15 Sun  00:18
ジャッキーという女(ひと)


Yoko Ono Lennon:オノ・ヨーコさん (詳細はこちら)に続き、尊敬し憧れる女性ベスト3の2人目を紹介です。

Jacqueline Lee Bouvier Kennedy Onassis: 
ジャクリーン リー ブーベェ ケネディ オナシス


Jackie1.jpg


結婚した男性が、世界の最高権力者であるアメリカ大統領になり、国家的策略により襲撃され死別、その後、ギリシャの富豪と再婚した女性である。 

“ジャッキー”と呼ばれ、この世を去ってからも、アメリカ国内では伝説となっている女性である。 

アメリカ人であれば、この人を知らない人は一人もいないし、有名企業経営者・投資家について書かれた物と同等量の書籍も出版されている。

トレッドセッターであった彼女のコレクションが、数年前にNew Yorkのメトロポリタン美術館で数ヶ月間公開され大反響を博し、あらためて、彼女のこだわりや、センスの良さに感激したものだった。

John F Kennedy: 資産家のサラブレッドとして政界入りしたJFKの行動・言動は、斬新かつ賢明であり、類い希なスピーチのうまさ、そして若さあふれる魅力的な外見を武器に、パワー、経験とも絶対的だったニクソンを破って40代の若さで第35代アメリカ大統領になる。

アメリカ国内において、未だにカリスマ的絶大なる人気を誇り、今や時の大統領として全世界か注目を注いでいるオバマも、JFKに憧れ、演説スタイルをまねている。

ファーストレディになった後も、彼女の美貌、ファッションセンス、華やかさに磨きがかかり、
媚びない笑顔、振る舞い、言動、”クールエレガンス” という言葉がピッタリ。
JackieKennedy1.jpg


策略、裏切り、罠がうずまく悪の巣窟である政界に、JFKは果敢に立ち向かい、相手をギャフンと言わせ、改革をしていく、しかし裏では、女性関係の噂が絶えず、常にゴシップの的になる。
そんな中、どんな苦境に追い込まれ、どんな下品な質問を浴びても、眉一つ動かさず、毅然と振る舞う。

JFKが、ダラスで狙撃されたとき、隣席の彼女は、ボンネットに飛び散った彼の脳を、身を乗り出し、かき集めている。自分も狙撃される可能性が高いというのに。
通常の人間なら、そんな事が条件反射的に出来るのだろうか? 
「あれ以上、大統領をさらし者にするのが嫌だった」と後々彼女は答えている。

葬儀の時、彼女が選んだ洋服は、シャネルスーツである。
鮮やかな“ピンク”のシャネルスーツである。

ヨーロッパブランドを身につける毎に、メディアに叩かれ、嫌々アメリカンブランドを着用していた彼女。
大統領夫人としての最後のお役目のとき、彼女が身にまとったのが、シャネルである。
そして、要人の葬儀には不適切とされる色を着用しているのである。

JFK没後、常に暗殺の恐怖におびえ、子供を守るため、海運王アリストテレス・オナシスと結婚。
保護する力、財力を持ち合わせていたと言われる彼との結婚は、アメリカ国民にショックを与えたと言われる。

無念、憎悪、憔悴、彼女の胸中は私には想像も出来ないけれど、女性として母としての芯の強さ、確固たる信念、大統領夫人としてJacqueline Lee Bouvierという一人の人間としてのプライドだけは、どんな状況下であろうと揺るがなかったのかもしれない。

日本では、時折ファッション雑誌に“ジャッキーに学ぶおしゃれ術”みたいな、お手軽なタイトルで特集がくまれたりするぐらい。 
シンプルで上質、大振りなアクセ・・・ ドレス、スーツ、パンツルック。
私のファッションのベースは彼女にある。が、彼女の域に達するのは、百万年ぐらい時間がかかる。

クール、エレガント、格好いい その一言。 
Jackie3.jpg

オナシス亡き後、生まれ故郷のNew Yorkへ戻り、穏やかな人生を送り、1994年、癌でこの世を去った。

著名人(特に白人)は常にメディアにさらされるので、エイジング対策は必須、言葉をかえれば、老化は恐怖なのである。シワ、たるみは敵なのである。
見る限り、彼女は自分の顔に刻まれるていく“シワ”さえも、魅力の一部にしてしまっている。
jackie old1


晩年のインタビューのコメント
"I have been through life and suffered a great deal, but I have had happy moments, as well. Every moment one lives is different from the other. The good, the bad, hardship, the joy, the tragedy, love and happiness are all interwoven into one single, indescribable whole that is called life. You cannot separate the good and the bad, and perhaps there is no need to do so."

Jacqueline Lee Bouvierという人は、最期まで、“女”であったと思う。
媚びず、曲げず、賢く、たおやかで、生まれ持った品格、まさに「class」のある女性。
私の憧れてやまない、目標の女性なのである。

あっちこっちぶつかって、心身痛んでも、背筋のばして、前進したいじゃない。
そう ジャッキーみたいに 格好良く!

クリックしてくれたら嬉しいです

2009/03/14 Sat  00:52
New York State of my mind


New York  ニューヨーク 私の故郷

Energetic、Powerful,、Artistic、Fashionable、Fortune,、Noisy, Crazy, Cynical Snoop,

Mean, Warm, Kind, Smile, Big smile・・・・

あの街で、悲しみ、怒り、悩み、喜び、感動し、、そして得たことは、
私の骨となり血になっている。今生きている私を、私自身を形成してくれた街である。

人生の多くを東京で生きてきたというのに、"居場所がなくなる。""どこに帰っていいのかわからなくなる。"
心に穴が空いている 自分の家を持った今でも、時々その思いは去来する。

世界中で最も敬愛し60年という月日をNew Yorkで生きてきた叔母が
「あなたは、ここがあっている。帰っていらっしゃい」と言っていた。
日本行きの飛行機に乗り込む私を抱きしめ、涙を浮かべながら、いつもこの言葉を言ってくれた。

あの街で生きることが出来るのだろうか?
その応えを見つけに、来週、あの街へ帰る。沢山の期待と、少しの不安を胸に。
自由の女神


クリックしてくれたら嬉しいです

2009/03/13 Fri  23:55
食事の時間


皆さん、いつも誰と食事をしていますか?

家族?彼?彼女?友人?会社の人?・・・ そのどれでもなくて、独りで?
私は独りです。一人暮らしだから当然といえば当然なんですけど。

思えば私の人生は、中学生あたりから、基本一人で食事をしてきたのです。
両親と暮らしていたときも家庭環境により、家庭団らんは、ほとんどなかった。
結婚生活でも、私が仕事始めてからは、ほとんど一人の食事。

ひとりぼっちの食事は、味気ない。美味しいとかまずいとか、そういうレベルでなくて、
ただ食欲を充たすために食べ物を口に運んでいる気がする。

朝;コーヒー、お昼;コンビニのおにぎり、サンドイッチ(仕事しながらなので、片手で食せる食べ物限定)、夜:お弁当・・・・・・・ 
Workaholic時代の基本の食生活です。悲しすぎる。泣けてくる。

もちろん時間があるときは、会社から距離がある、ちょっと高価な美味しいランチ、
夜だって、外食も頻繁にしていた。
でも、そういう時は、会社の人と一緒なので、延々と仕事の話か、愚痴。
おいしさが半減するのです。

そんな生活をしていると、男女関係なく、好きな人との食事の時間はとっても貴重
その日が決まったら、手帳にピンクのマーカーするぐらい、待ち遠しい
そういうときは、そんな高価なものでなくても、いいですよー 

学生時代、友達とマクドナルドで延々しゃべっているのが楽しかった 毎日でもよかったぐらいに。

要するに、誰と食事するのか?どういう風に食事をしたいか? は、学生時代となんらかわってないことに気づいたのです。

仕事を離れて、時間が出来たので、最近は自炊というものに挑戦しています
紹介できるメニューはございません はい。
が、買ってきた物より体にいい気がする。

でも、テレビの画面相手だと、やっぱりなんか侘びしい。
日本全国、何十万人、何百万人々が、今日も一人で食事をしているのね。

はたと気づいた。今や見知らぬ人と、テレビの画面をつかって、ゲーム対戦できる世の中ですよ。海外のどんな遠くの人とでも、PCで相手の顔をみながら会話ができるんですよ。

であれば、一人で食事をしている人ネットを作り、
一緒に食事しませんか?
とか、できるじゃないの! お互いのメニューをみせあったり出来るじゃない!
ビジネスチャンスが待っている!

あっ でも、私は絶対やりませんよ 笑い番組みて、食事した方がいいもん

(注意)マクドナルドは、もう誰とも行かないけれど、たまに食べます。で、胃もたれしてます(涙)

クリックすると健康になる!

2009/03/11 Wed  13:25
体の変調


ここ1ヶ月、顕著に表われている体の変化・・・

それは、暑い! 暑くなるのである

たとえば昨日の夜、冷たい風が吹いていて寒かったです。
で、駅から自宅まで数分自転車に乗る。
途中、30メートルぐらいの坂道をあがると、体が熱くなる。ちょっと汗もかく。
風が心地よく感じたりする

太っている人が、ちょっと動いただけで、すぐ息があがったり、汗をかいているのを
「気持ち悪い、いや~」と思っていたけど、

今や自分がそういう人、こんな日が訪れるなんて、予想しなかった。
デブの気持ちがよくわかる 時がくるなんて!!!

動く→暑くなる→汗をかく だけでなく

この冬のパジャマは、夏用の薄い素材で、半袖

掛け布団も真冬用のフカフカお布団は1ヶ月のみ使用、それ以外は、合い掛け布団

もlしやこれは、更年期障害なのか? と大きく懸念しながら、ネットで検索

症状から違う。よかったー じゃなに? やっぱり あれが原因か?

ジムでトレーナーに聞いてみた 
「代謝があがっている証拠です。有酸素運動&ウェイトトレーニングの効果です。内臓、血液、脳も活性されています! いいじゃないですか~」

そそそそうなのね 嬉しいじゃない!! 

エクササイズを再開して約1年、ジョギング初めて4ヶ月 自分の努力の証明なのね

何故こんなこと?と毎回思いながらトレーニングをしてよかった。
やればできるじゃない! 
体の変調は健康への道であったのね。

でもでもでも

花粉症はなおらないのね。

で、今朝起きたら、ちょっと悪寒がして喉が痛い。フン・・・

クリックすると健康になる!

2009/03/10 Tue  12:47
My Collection Vol. 2


春!を思わせる、とっても良いお天気。
晴天が続きますように。
さて、今日は、My collection Vol. 2のご紹介、勿論“殿堂入り”しているお気に入りです。
Vol.1はこちら
025.jpg

老若男女問わず持っているLouis Vuittonですよ。でもこの素晴らしい“作品”は、希少だと思う。
DAMIE(ダミエ)柄の素材は全てポニースキンです。一般的な素材を使用したダミエは、チープな感じがして、全く好きになれなかったのだけど、
これは、ベージュとブラウンのファーを手作業で立体的仕上げていて、まさに、匠の技です。勿論シューズも同じ素材で、エナメルのお花が、甘さをプラスしているけど、子供っぽくならないでしょう?
「美しい」とため息が出ます。

これも、前回のFENDI同様、New Yorkのブティックで7-8年前に購入したのです。
バックが小さいので、一度は諦めたけど、数日後、別のブティックの前を通りかかると、このバックがディスプレイされていて、「これは、運命だわ」と即決したのでした。

このバックを購入した頃はWorkaholic状態で、プライベートな時間を楽しむ余裕なんてなかったけれど、「Yes !」と小躍りしたくなるような達成感を得たり、高いモチベーション、意欲手充ち満ちていた頃。

今年の春は、サブリナジーンズ+白シャツで、このセットを持とうかな?
あっ でも 大きな問題が・・・ この靴 痛いの(笑)

クリックすると幸せになる!

2009/03/08 Sun  21:02
幸福感


今日は、はっきりしないお天気でしたね。
昨晩服用した、花粉症の薬の影響で、一日だるく、眠くて、散歩から帰っても、ゴロゴロしていました。

昨日は、とっても暖かく青空が広がったので、白犬チェルシーを自転車のかごに乗せて、自由が丘へ。
チェルシーは自由が丘が大好き。正確に言うと、自由が丘が好きなのではなく、犬関連のアパレル、食べ物を扱う店が数店舗あるので、そこを回って、お店の人にかわいがってもらったり、食べ物をゲットするのが大好き!
もう何年も通ってます(笑)

チェルシーの紹介をちゃんとしたいのだけど、何故かまとまらないのですよ。
一人と一匹 私たちが歩んできた7年と数ヶ月の道のりは平坦でなく、彼女が私に与えた影響、もたらしてくれた“気づき”は、人生を大きく変えているのです。
近いうちに、私達の歴史を書くつもりです。

さて、昨日のお話ですが、数ある店舗の2番目に訪れる(ちなみに、訪問する順番は決まってる)、
犬用デリカテッセン キッチンドックへお邪魔しました。
長年かわいがってくれるスタッフの方に、「フサフサで暖かそうで、どこからみても健康になったね。良かったね」と何度もなでてもらって、チェルシーはご満悦。

獣医から小麦粉は禁止されているけれど大好物の、サンプル品のクッキーをあげてみた。
「エッ食べていいの?」“”カリカリ”と美味しいそうな音。
もう1個あげてみた。 「美味しい!!」と満面の笑顔。
何年かぶりで食べたクッキーがよっぽど嬉しかったのか、
お店を出て、「良かったね クッキーゲットしたね。前みたいに食べれるようになるといいね」と言うと、
ピョンピョン跳びはねて、シッポをブンブンふり、小走りに走り出す、何度も私を振りかえりながら。
胸がつまるほどの幸福感。
032.jpg

「嬉しくて幸せ」という瞬間を、これまでの人生で何回味わってきたのかな?と改めて考えてみたけれど、今日、私に去来した幸福感は、とってもとってもスペシャルなものであることに間違いない。

Dearest, Chelsea
Thanks a lot for being you.

Love, your mom.
クリックすると幸せになる!

2009/03/06 Fri  13:31
女心


朝から雨で、嫌なお天気ですね
雨は嫌いです。雨の中の散歩はもっと嫌いです。

真っ青なお天気が続いたのは、年末から年始にかけてぐらいで、
こんなに雨が多い冬って、めずらしい。

先日、ちょっと、ひさしぶりに エッ!ということがあったのですよ

一人ランチをして、交差点で信号を待っていると、向こう側に見覚えがある男性が。

先方もエッ!と驚き、うっすら笑顔をむけてくる。

横を向いて、満面の笑顔で、相づちを打っている。彼の隣に目を移すと

小柄・茶髪・派手なファッションの女性が・・・

「趣味悪いかも」 なんだかがっかりした平日の昼下がり。

ご察しの通り、先方とは以前お付き合いをしていたんですよ 私が他に好きな人ができて、男女のリレーションシップは終わりになったけれど、その後も、何かと連絡を取り合い、で、フェードアウトした人だった。

連れの女性が、きれいで、スタイルも趣味も良くて、という真逆のタイプであったら、

それはそれで、「何よフン!」ってちょっとご機嫌が悪くなるよね きっと。

これは私見なんだけど、多くの女性は  ”自分の顔をかわいい”って思っている ようするに、美人ではないけれど、目がかわいい とか 鼻の形がいい とか
とにかく、自分の見解は明るい方向なのである
「私なんてきれいじゃないし、地味だし」と謙虚なことを言うけれど、自宅で一人鏡の前に座ると、悦にいったりしているはずです。

という理由から

以前の彼女、先妻、現在の奥さん(不倫している人の特例)が、自分よりどこからか優れている箇所があると、内心穏やではないのである。

こういう心理は女性特有ではなく、男性にもあります。
ただし、違うのは、男性は相手の企業名、ポジションに対するものが判断材料になると思う。

それにしても、一時的にでもすごく好きだった人だったから、ああいう感じの人に笑顔向けられちゃうと、なんか、駄目でしょう? って思うんですよ

「そうよね。私ぐらいのレベルの女性に出会い、お付き合いしていただけるなんて、もうあなたには無理よね」 とも思ったけれど。

クリックすると幸せになる!









2009/03/05 Thu  01:34
フリータイムの楽しみ方


ここ数日の日記の内容に対して、「ついに本格的ブログの再開ね!」
といったお褒め&激励のお言葉を多数“メール”でいただき、大変はげみに思っている次第です。はい、皆さんの期待を裏切らないよう、精進して参ります。

今日(正確には昨日)、日比谷で次のアポまで予定外に2時間あいたので、
エストネーションを訪れてみました。店内は明るい色のフワフワの洋服で一杯、ウェッジのサンダルまで並んでおりました。
「本当のおしゃれさんは、シーズン前に揃える物よ」 なんて言っていたけど
この世相では、なかなか実現できませんね
エストネーションの品揃えも、首をかしげるものが多くて、ちょっとがっかり。仕入れ総額の影響?と余計な事まで考えてしまったのでした。

何一つ触手をのばす物がみつからず、外は日が暮れて寒い雨、ビックカメラへ。
目的の品は、iPod nano用のアームフォルダー、足のマッサージマシン、テレビ。

一番必要なフォルダーは品揃えがなくてパス。

で、足のマッサージマシンですけど、人気No.1を試してみたら、すんごい気持ちよくて、人にやってもらっているみたい
「ほしい!」でも、¥56,000 予算オーバー(涙)

気を取りなして、予算内である人気No.2をトライ
「さっきのと違うじゃない、だめじゃない すぐに部屋のやっかいものになるじゃない。パス!」

いよいよテレビの番ですよ。

突然ですけど、量販店のルールです。
売り場のスタッフ数イコールその量販店の在庫数 
ひやかしか、買う気か スタッフはすぐにジャッジし、接客態度をかえたりします
が、今日のように、来客数が少ない場合、私のようなトンチンカンな質問をしたり、
説明をほとんど聞かない“お客様”でも、彼らは時間がたっぷりあるので、親切なのである。

で、結論がでないまま、テレビ売り場を後に。
それにしても、テレビが壊れていないのに、買う気にさせるのは、
うちのブラウン管テレビをオンにする度に右上に表記される“アナログ”という文字
この文字は、どんな感動的場面でも、悲惨なニュースでも、オフにするまで常に表示されている

「いつまでアナログな人なんですか?早くテレビを買いなさい」と言われている気がする。国家的マインドコントロールなのである。警告なのである。

エコエコと騒ぐ割には、壊れていない物を処分しないさい と24時間放送するなんて
非条理ではないのか?

話が脱線しました。元にもどします
そうやって、何も買わないまま、売り場をフラフラし、約束の時間に。

なんていうか、セレクトショップから家電量販店へ行く感じが、なんかちょっと好きかも
と訳もなく思ったのでした。

私の家電ショップを楽しむ3原則
1.目的がある(一番重要) 2.天気が悪い 3.スタッフになんでも聞く

今日の日記 内容なさすぎ。でも日記だからいいのよ!
クリックすると幸せになる!



2009/03/03 Tue  23:48
真のリーダー


あっという間に3月になった感じがする。それにしても寒いです。外は雪混じりの雨が降っています。
今日はひな祭りですね。女の子と健やかな成長を願う行事だそうで、特別何をするわけでないど、私も白犬もFemaleなので、健康で幸せであることを願ったりしてみました。

早速ですが、今日という日にちなみ(関係ないけど)
私には、憧れてやまない女性が3人います。まずは、
尊敬、憧れという気持ちを抱くのもはばかられる、世界で最も強く、賢く、そして愛ある女性 Yoko Ono Lennon:オノ・ヨーコさんです。
yoko.jpg

願いが叶うなら、1日だけ彼女になってみたい と私が唯一思う人。
前衛芸術家・音楽家・平和運動家であり、ビートルズのジョン・レノンのパートナー。
彼女について書かれた書物、ネットの記事は何十カ国語の言葉で表されているので、ここであえて書く必要もないでしょう。

ジョンと暮らし、彼が亡くなって28年経った今も住んでいる、マンハッタンのダコタ・アパートは、今や観光名所になった。ジョンの死語、セントラルパーク内に彼女のデザインで、作られたストロベリー・フィールズ、IMAGINEのモザイクには今も花が絶えない。
Bergdorf Goodman(New Yorkの最高級デパート)で、ジョンに勧められて買った大きなサングラスは、長い間、彼女の一部のようだった。いつ頃からか、ジョン仕様の丸いフレームのサングラスに変わり、似てもにつかない顔立ちの二人が、アングルによっては、ジョンが降りてきているの?と思うほど似ている。

「ビートルズを解散させた日本人女!」と世界中から憎まれ、たたかれ、一挙一動が露呈され、その後もイギリス、アメリから政治犯として追われ、非条理、暴力の渦の中に長い間、置かれた。それでも一切自分のポリシー、スタイルを変えず、むしろ、それらに立ち向かい、吸収し自らのパワーにした。
「いったいこの人の強さはどこから湧き出るものなのか?」

宿命として持って生まれた強固な精神力、ジョンと生きる運命で培われた信念そして使命。
圧倒され、尊敬し、心から憧れる最高の人なのである。
世界を平和に導ける数少ない真のリーダーなのである。
ジョンを早くに亡くしたことは、もしかしたら、現在の彼女に向かわせるための必然だったのかもしれない とさえ感じる。
yoko_john.jpg


「世界中の言語の中で、日本語が一番素敵 ひとつの言葉に沢山の意味を持つ言語は他にない 日本人はもっと日本語を誇るべき、大切にすべきよ」とあなたは言った。
愛国心をほとんど持ち合わせていない私であるけれど、彼女と同じ国に生まれた事実は、背筋をピンと伸ばしてくれる。
彼女のパワーが感じる土地New York、それは私の愛する故郷でもある。
数週間後、その土地にちょっとだけ帰ります。彼女の志を間近で感じに。
strawberry_fields_02.jpg

クリックすると幸せになる!



2009/03/02 Mon  16:24
女性リーダー


私は、全てにおいて美しい物が好きなのである。美意識も人より高いと思っている。

女性の政治家、経営者、○○プランナー・ディレクター・デザイナーとか、こういった類の人がテレビにt登場ずると、げんなりして、食欲減退、ブルーになる
あこがれ・尊敬・羨望・賞賛といった言葉は一切思い浮かばない。
彼女たちは、私やあなたの周りに沢山いる並の男性より、遙かにがんばった。寝る時間をけずり、恋愛も諦め、勉強をし・・
メディアに登場し笑顔で、遠い昔の苦労話を語る。煮湯を飲まされ、悔しく辛い思いを沢山したのでしょう。
が、げんなりするのである。

なぜ、私がここまで好まないのか?
それは、まず、美を感じないから。ここでいう美は造形美ではありませんよ
内面の潤いがないのです。そして自身のスタイルが確立されていない
図々しくも、自分にはスタイルがあると勘違いしている。
コンプレックスの裏返しで「お上品なんです」という演出をするのである。
全員ではないですよ 圧倒的多数がそうでけど。

一番先に目につくのは、ファッションセンスの低さ、悲しいぐらいにセンスなし。
スタイリスト、イメージプランナーぐらい雇えばいいのに、と当初は思ったけど
無理なのですね。彼女たちには、格好いい服は着こなせないし、センスが悪いなんて微塵も思っていないから。

※センスの悪いパステルカラーもしくは原色のセミタイトスーツ
※胸が必要以上にあいている(テレビ通販に登場するコスメ販売会社社長が好む)
※超一流メゾンの洋服をきているが(時にオートクチュール)派手なホステスにしか見えない
※時代錯誤もはなはなしい、アクセサリー

※話の内容が薄い、概要をとりまとめて話せない、文章がヘタ
※声が大きい
※すぐお金の話をする
※自信の苦労話が大好き、時に涙して話す
※男性に世間に負けてなるものかと肩に力が入り、口は笑っても目はいつも怒っている etc.

かくいう私自身もよく、「自分で会社経営してみなさい」 と以前から再三薦められているのだけど、
その中で、クラスアップできるのか?美意識が磨かれるのか?と、疑問符が多くて未だに何も出来ていない。というか悪いサンプルみすぎなの。いけない 病魔に犯されてしまう。

こんな時は、尊敬してやまない、世界的スペシャルな女性http://100acorns.blogspot.comの作品をみて、我にかえりましょう。

クリックすると幸せになる!



2009/03/01 Sun  22:51
My Collection


昨日は1週間ぶりに、太陽の光を浴びたけれど、今日はお天気が逆戻り。
アクティブな気分にない、でもゴロゴロもしたくなかつたので、クローゼットの中の点検!と
不要な物の整理をしました。
おしゃれが大好きな私の持ち物の殿堂入りコレクションを紹介します。
FENDI

FENDIのファーのマンマバゲッドです。美しい、いつ見てもため息がでる。
これは、10年以上前にNew Yorkのshopのショーウインドウのディスプレイで見て、即購入したもの。
時が経ても、モード感、重厚感は健在です。

私の家には、生活には使わない、大型クローゼットがある5畳ぐらいの部屋があります。
“イメルダ・ルーム”と名付けられている、この部屋の中は文字通り、服、靴、バック、アクセサリー保管がメインの部屋なのです。
イメルダ とは、独裁者として君臨したマルコス フィリピン元大統領の夫人です。
イメルダ・マルコスの紹介URL

彼女のコレクションには、遙かに及びないけれど。
この家に越してきたのは、たしか6年前。収納量が魅力的だった。
入居時に大量処分し、引っ越してからも大がかりな処分を2回し、この時は、私がライフワークとして携わっている、ワンニャンレスキュー団体さんへ寄付して有効利用していただいた。(団体さんは資金集めの為にフリーマーケットに参加してます)
全部納められているだけど、引っ越してから一度も身につけていない物がまだ大量にある。
本日は、次回のフリーマーケット寄付の仕分け、お店の紙袋処分 を実施。腰痛が・・(涙)

このイメルダルームにある品々は、季節物か野球で例えればマイナーリーグもの。
メジャー級=デイリー登板、殿堂入りしている品々は、ベッドルームのクローゼットに保管。
自分のコレクションは、自らの歴史も刻まれていることに気づきます。
このバックは、私の初FENDIだった。私のファッション感はシンプルに統一、ビジネスマンとして目覚めた時なのであります。
これからも、My collectionを紹介していこうかな、私の歴史共に。
クリックすると幸せになる!


2009年02月 ≪         HOME         ≫ 2009年04月
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。