FC2ブログ

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

プロフィール

Luckup

Author:Luckup
都内で、人間ひとり、白犬一匹で生活しています 国籍は日本人ですが、ニューヨークが故郷です。「やっぱりアメリカ人だよね」 とよく言われます。おしゃれが大好き そして動物が大好きです。日本が動物精神国になるために微力ながらボランティアしています。明るく、かつ強気(?)かつ、おしゃれなボランティアを目指してます!! 何事もWay Cool が心情

カテゴリー

チェック!

いつでも里親募集中

最近のコメント

月別アーカイブ

お気に入りのリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2012/04/25 Wed  22:04
マツコに頷く


ここ1年で、ものすごいメディア露出

マツコ・デラックスさん

   好きです


おねえ系といわれる人は、たいてい好きなのだけど

彼女(彼か・・)は、頭が良い 回転が速い

おねえ系だけじゃなくて、いわゆるタレントと呼ばれる人の中で

ずば抜けている  尊敬しちゃいます

このトピックスについて どういう答えをするんだろうか?

どんな考え持つんだろう? って興味津々

で、楽しみに観ている番組

「マツコ&有吉の怒り新党」

視聴者が”怒り”を感じることに対して、同意するか否かを討論するものなんだけど

先週だったか

  「いい年をした女性が「女子会」といって嬉々とするのはいかがなものか?

   年齢かんがえれば“女性会”でしょう??」


有吉さんは同意

これに反して

マツコさん

「結婚よりキャリア と男社会の中で頑張ってきて、気が付けばアラフォー

たいしたポジションも得られず、

彼氏もいない 子供を産むタイムリミットは近い

せめて、“女子” って言わせてあげなさいよ~~~



このコメント ちょっとフリーズ、そして深く頷いてしまった

まさに的を得たお答えです 


一昔前なら キャリアウーマン

最近なら 女性企業家

  キャリア、成功、パートナー、子供

このすべてを手に入れているのは、ほんの一握り

この人たちが幸せかどうかは、別としてね

自らを置きかけて

「女がね 一人で生きていくのは大変なんだよね 本当に本当に大変なんだよ」


依存して生きるなんて最悪 これ信条


でもね 依存できるものがあったらラッキーかも



クリックしてくれたら嬉しいです


スポンサーサイト



2012/04/22 Sun  23:33
ベテランさん


またまた、間隔があいてしまった

今日は、月1回のお楽しみ、ボランティアに行ってきた

犬猫レスキュー団体 「ちがわん」 の、里親会のお手伝い

早いもので、3年目に突入


ボランティアは続けないと意味がない そう思っている

けれど、対 人間 = 人間関係が生じるので

そこで負担がかかるようでは継続は不可

私の場合

ラッキーなことに、どんどん溶け込んでいけて

プライベートな話をする仲間もできた

ついこの間

“ベテランさん”と称されて なんだか気恥ずかしかった



親友が私のことを “あまりに劇的な ドラマのような人生を歩んでいる” と言っていた

「疲れない? その生き方」 と深いため息をついて言われたこともある

じゃ どういう事が平均的なのか

何が基準なのか

人が人を評価するとき 基準は自分自身 (当たり前か)


複雑怪奇な人生を歩んできた私も

一般的な人生を歩んできた人と同じように

人員整理をするときがくる 自然淘汰と言ったほうが当たっているか・・

生きてる上で 最もやっかいな人間関係

私の場合はストレスの根源 といってもいい

それでも、この2年のボランティアで出会った仲間達とは

共に活動できなくなっても、つながっていたい

そう思わせてくれる

職場で毎日顔をあわせ、プライベートなことを話したり、話されたり

一見 仲良し だけど、職場を離れれば、びっくりするぐらい音信不通

そんな経験ない?


この活動と並行して、人生最大級の泥沼に落ちていた 「底なし沼か」と思っていたほどに。

だから、余計に 欲していた  のかもしれない

同じ方向を向いていける人間を 仲間を


「ベテランさんか・・・」 感慨深い2年だったな~


クリックしてくれたら嬉しいです





2012/04/16 Mon  22:21
一年の違い


教育現場では、新学期シーズン

散歩コースには、国立大学をはじめ、小中学校がある

大学の入学式ね

国立大学だから やっぱり 親も嬉しいんだろうけど

それは、わかる  よーくわかる

が、

息子に寄り添うカメラ片手の母親たち  

「あれは、いったい いかがなものなのか

どうみても、一人息子の小学校の入学式 とまったく同じ光景

独身、子供なし 今後も出産の予定などない 

私には、まったく気持ちがわかならい

「もし。。。?」と仮定しても、彼女たちとオーバーラップしない

幸せそうで何より と反面思いながらも、

決して微笑ましい光景ではなかった

それとは逆でね

「ふふふ」と ちょっと楽しくなったこと

中学1年生って すぐわかるよね

つい数週間前までランドセルだったわけで

顔が完全に子供  で、

必ずといっていいほど 大き目の制服 (成長期だからだよね)

ぜーんぶ オニュー 

その日の科目を全部カバンにつめているから、パンパンだし

嬉しそうにシャキシャキ歩いてる

彼女、彼らの姿って ものすごく、きれい

大人への扉の前に立って 「青春スタート

うらやましい 心からそう感じる

で、

新入生の団体が通り過ぎた後に

同級生と話しながら、けだるい感じで、

ダラダラと校門を出る上級生

“ザ・思春期”

どちらも、自分が投影できる

遥か彼方の自分を思い出す  

これが、歳をとった ということか


クリックしてくれたら嬉しいです


2012/04/13 Fri  22:02
サクラ吹雪の中で


ついこの間まで、あれほど、寒かったのが嘘のような

昨日から20°超え

今日は、今年初めて、冷房オン

「アイスたべたーい」 と何度も言う

プロ並みの腕をもつ親友

年に数回、白犬の写真を撮ってもらっている

「やっぱり違うな~」

過去の作品 どれもお気に入り

サクラ吹雪の中 今日は、汗かきながらの撮影会  (近くの大学のキャンパスにて)

IMG_1124_convert_20120414221332.jpg
8キロ重い


IMG_1171_convert_20120414221629.jpg
ピンク満開 (ソメイヨシノじゃなくて・・名前不明)
    白犬は、疲れて暑くて不機嫌


IMG_1149_convert_20120414221456.jpg
一番のお気に入り  マトリックスな感じ?


IMG_1174_convert_20120414221658.jpg
ボツ写真 持ち上がらずサクラに埋もれる


IMG_1145_convert_20120414221045.jpg
「いい加減にして はやく帰りたい」 by チェルシー


来月11歳になるチェルシー

ここのところ、年齢を感じることが多くて

形容しがたい心境になっている

「来年も、また再来年も 一緒にサクラみようね










2012/04/09 Mon  23:13
秘密の箱


突然ですが・・・

一家にひとつぐらい

捨てるに捨てられない というか

開けない  というか

開けたくない  “箱” ありませんか?

うちの場合は

中身は 写真です PHOTO です (英語にする必要ないけどね)

このブログに数回書いているけど

うちには、4畳半ぐらいの使わない部屋 通称イメルダルーム というのが存在していて

長期間、そして労力をかけて 見違えるほど綺麗な一室にした

が、そこに存在する 2つの箱

それだけは、手つかずのまま

何が入っているか知っていても、決して開封せず

段ボールを右から左に移動するのみ であった



数少ない美しい思い出のひとつ ハワイでの生活時代の写真

フィルムからデジタル化したい衝動にかられて

ついに、開封したのである

何気なくあけたアルバム

「ウァッ」 あまりの衝撃 後ろにひっくり返った

次から次へと 「ウァッ」の連発である

「こうなったら全部みてやる

どかっと座り込み 食い入るようにね


過去 数名のボーイフレンドとのラブラブデート

極めつけは ハネムーン

お別れした人の痕跡は一切のこさない主義だったのに

「何故 捨てなかったのか??」

冷や汗 怖すぎて 気分が悪くなる

驚きの声を上げたと思ったらシーンとなるし・・・

白犬が、こわごわ見に来るほど、負の空気が漂っていた

が、それから、丸二日 ぐちゃぐちゃになったまま放置

ようやく、お目当ての写真を仕分け完了

捨てればいいじゃない? そうなんだけど

シュレッダーないと 捨てれないな~

ものすごくどうでも、いい話題なんだけど

家に、ああいうものがあるんだ~ と認識した今日この頃。



クリックしてくれたら嬉しいです














2012/04/08 Sun  21:58
桜の下で


毎週、土曜日になると、雨で寒かったけど

久しぶりに昨日今日、暖かい春のお天気

都内の桜は満開

007_convert_20120408220006.jpg


「名所」と言われるところは、朝から夜まで

どこから来たの? というばかりの、人 人

桜は綺麗

見事に美しい


会う人ごとに「お花見した?」と聞いてくるけど

そういう行為に全く興味がない のです

ほとんど外資系に勤務していたし、会社でのイベントはなし

友達も、会社の付き合いで仕方なく参加 というような人達だったし

日中暑くても、夜になれば、まだ寒い

お決まりの急性アルコール中毒で亡くなる人もいる

そんな存在の消し方・・・ 悲しすぎるよ


電車に乗って、車に乗って、ブルーシートもって、ごちそう作って、お酒もって

そういう人々をかき分けながら、桜の下を散歩する気にもなれないな~


いつも散歩コース(大学のキャンパス)

たくさーんのピンク色の空が広がってます

019_convert_20120408220044.jpg
とりえずスマイルしてみた  の図


それにしても、午前中から、異常な人

桜のないところには、だーれもいなかった

ゆっくり 長めの散歩

家に帰れば




030_convert_20120408220153.jpg
人当り・・・・


何はともあれ、今年も白犬と春が迎えることが出来た うれしい


クリックしてくれたら嬉しいです







2012/04/02 Mon  19:56
湘南へ ボランティア


天気が心配だったけど、朝から青空が広がった昨日

毎月ボランティアをしている、犬猫レスキュー団体“ちばわん”の

「湘南いぬ親会」(里親会) へ参加してきた

以前は、白犬をカートに乗せ電車移動だったけど

今回は、近辺のボランティアさんの車に同乗

初対面の人間&犬 と2時間近くドライブするのが初体験なので

ちょっと心配したけど・・・ 

問題なくて 一安心

038_convert_20120403194902.jpg
由比ヶ浜 サーファーが沢山


015_convert_20120403194741.jpg
朝ご飯を少しにしたので、その残りを食べましょう


022_convert_20120403194806.jpg
会場に到着して、フリマで即購入したオモチャを破壊中


033_convert_20120403194628.jpg
テンション 
   仲良しのボランティアさんに預かってもらって隠し撮り


002_convert_20120403195229.jpg
フリマの戦利品 カラー&リード&ポーチのセット すごい好みで嬉しい
   なぜか ナイロンスポンジ 3個 ¥10 安いよね (主婦か?)


012_convert_20120403195625.jpg
本犬もお気に入った様子です


「ちばわん」の、運営ボランティアも早いもので3年目に突入

私の場合、品川会場がメインだけれど、今回のように

「湘南一緒に行こうよ」 と声をかけてくれる

会場に行けば、「来たんだー チェルシー元気そうでよかったね」 と言ってもらえる

そういう仲間たちも出来て、心から嬉しく思う


このボランティアをスタートした時は、人生最悪の時期で

アイデンティティが木端微塵になり、存在を消してしまいたい と思っていた

人間と共存しないと生きていけない犬達

が、人間の手によって、虐待され、遺棄され、あげく、ガス殺という想像しえない恐怖と苦しみ中

殺されていく何十万匹といわれる犬達

そこから間一髪で這い出た、彼らの命は 一匹ではない

何十匹の命と共に生きている 


その命と接することは、形容しがたい自己の焦燥感、喪失感で支配されている

私に、“生”を取り戻させてくれていた

だから、続けてこれていたんだと思う

そして、これからも続けていきたい 


    それにしても、昨日は海風冷たくて寒かった・・・


クリックしてくれたら嬉しいです







2012年03月 ≪         HOME         ≫ 2012年05月